金の知識と金買取の方法

金と言うと希少で高価な物と思いがちですが、金は意外と日常生活に存在しています。
アクセサリーなども売買が行われます。
しかし、金の知識とその売買の知識がないと、上手く金買取に関われないと言えます。
まず、金には純金の含有量によってランクがあります。
まず24金です。
いわゆる純金です。
ですから、価値がそのまま当てはまることになります。
あとは22金や18金があります。
22金は純度がおおむね90パーセントですが、純金が硬度が無いのに比べ、強度があるため価値としては純金と同程度と言われます。
18金は最も一般的です。
おおむね75%の純金を含有していると言われます。
22金以上に強度があるので、アクセサリーや万年筆のペン先に使われます。
純金の含有量がわかったら、次に純金の相場を知る必要があります。
金の相場は常に変動しています。
価格が変動するのは経済の諸々の要素での需給関係により、株や為替のように価格が変動するわけです。
金の相場価格はネットなどで知ることができます。
この金含有量と金相場価格の二つの要素を知っておかないと本来の価値より低価格で金買取業者に金を買い取られてしまう結果になります。

最新記事